次世代AI警備システム『AI Security asilla』株式会社セノンの管理施設にて実証実験を開始

2023-11-20

#
News

~株式会社セノンと共に、AI警備による施設の安全性強化・空間価値のさらなる向上へ~

世界トップクラスの行動認識AIを独自開発する株式会社アジラ(本社:東京都町田市、代表取締役:木村 大介)は、株式会社セノン(本社:東京都新宿区、代表取締役:稲葉 誠)が警備業務を受託している施設へAI警備システム『AI Security asilla(以下asilla)』を導入し、実証実験を開始しました。

不特定多数の人々が出入りする大規模施設のセキュリティ確保と来場者の安全は、常に最優先の課題として取り組まれています。 セノンは安全・安心の更なる取り組みとして、AI警備システム『asilla』の実証実験を、警備受託する施設にて開始いたしました。

行動認識AIを搭載した警備システム『asilla』は、人の動きに対する検知精度が高く、防犯カメラの映像からさまざまな行動を検知します。『asilla』導入により、転倒事故への対応、不審行動の早期発見といった警備での活用以外にも、杖・車椅子検知によるサポート、お客様へのサービス向上など、施設空間の快適性向上に寄与し、安心・安全な施設空間の創出のサポートが可能となります。

■Outline of Introduction

導入目的: 施設内の警備強化、警備の品質向上
※本実証実験によって取得・解析された画像データは、本実証実験および事後検証以外の目的には使用いたしません。

■実証実験の時の『asilla』利用イメージ

■株式会社セノン
代表者:代表取締役 稲葉 誠
所在地:東京都新宿区西新宿2-1-1新宿三井ビルディング16階
事業内容:常駐警備、機械警備、空港警備業務、ビルメンテナンス業務、車両運行管理業務、道路管理業務、医療関連業務、放置車両確認事務、パーキング・メーター等の管理及び手数料徴収事務
公式HP:https://www.senon.co.jp/

■株式会社アジラ
代表者:代表取締役CEO 木村 大介
所在地:東京都町田市中町一丁目4-2
資本金:3000万円
事業内容:AI警備システム『AI Security asilla』開発と販売
公式HP:https://jp.asilla.com/

アジラは、防犯カメラの映像における個人情報・プライバシーに対して、下記指針を遵守しております。

AI憲章:https://jp.asilla.com/ai-charter
情報セキュリティ方針:https://jp.asilla.com/security
プライバシーポリシー:https://jp.asilla.com/privacypolicy
利用規約:https://jp.asilla.com/termsofservice

■AI警備システム『AI Security asilla』について

『asilla』は、世界トップクラスの行動認識技術を基にしたAI警備システムです。既存のカメラをAI化し、異常行動や不審行動を検出したときのみ、瞬時に映像を通知します。映像をモニタリングする警備員の業務を軽減でき、見逃しや見落しも無くすことができます。

●『asilla』で検知可能な行動一覧

『asilla』は以下の特徴があります。

Patented "abnormal behavior detection" to detect signs of incidents and accidents

AI autonomously learns the behavior of each camera, and detects any movement that deviates from the norm as "strange". Unexpectedly dangerous behavior is immediately notified, leading to the prevention of incidents and accidents.
The AI can also detect the presence of a person in the vicinity of an incident or accident.

24/7 MONITORING BY AI EYES

AI constantly monitors images from ‍hundreds of cameras. When an abnormality occurs, it is automatically detected and immediately notified, so that even the slightest movement that cannot be captured by the human eye alone will not be missed.
‍An AI system

Can use existing cameras and process up to 50 images on a single server

‍Existing cameras can be used as is. Initial cost burden is zero. enterprise plan allows analysis of up to 50 camera images with a single server, and operating costs are low for large facilities.

Can be used in a secure environment

ローカルで完結するネットワーク構成により外部へ映像流出するリスクがありません。

AI警備システム『asilla』は、今後もさらなるアップデートを予定しています。

◆『asilla』についてのお問合せ
https://jp.asilla.com/contacts

◆『asilla』のデモンストレーションを体験できる「プレゼンテーションルーム」開設!
https://jp.asilla.com/post/202211-presen

The name and logo of " Asilla" are registered trademarks of Asillain Japan and other countries.
All other company and product names are trademarks or registered trademarks of their respective owners.
The contents of this press release, including service/product prices, specifications, contact information, and other information, are current at the time of publication. The information is subject to change without notice.

No items found.
VIEW MORE

CONTACT US

Contact Us
For inquiries about our products, please contact us.